news

志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり 公式サイトを公開しました

concept

志をつなぐ、明日へのものがたり
ミライ夢ミシ水平ノカナタヘ
志国土佐 時代の夜明けのものがたり

幕末、土佐

日本の夜明けを確信し
日本の輝ける未来を思い描いた
土佐の偉人たち

ときに激しく、そして自由に
土佐の雄大な自然に育まれた
豪放闊達な土佐人の気風こそが
時代を突き動かした源泉となった

そして、いま

土佐の偉人と 彼らを支えた女性たち
彼らのものがたりに思いを馳せ
車窓に映る雄大な自然と
土佐流のおもてなしを満喫する
贅沢なひとときを、この列車で

土佐の歴史とともに

history

日本激動の時代 志高く 幕末を駆け抜けた男たちの軌跡が残る、志国土佐。
土佐勤王党の武市瑞山、坂本龍馬、中岡慎太郎、吉村虎太郎らをはじめとする幕末の志士と、気丈にも彼らを支えた女たちは、ほんの一五〇150年ほど前、確かにここ高知に生きていた。

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」が走るのは、お城下 高知城からはじまり、牧歌的な田園風景や青く広がる太平洋、そして険しい山々など、幕末に龍馬が脱藩の道へと急いだ道程となる。

土佐の歴史とともに走り抜ける、列車の旅を。

土佐流のおもてなし

自然に恵まれた高知県は、季節を通じて、海の幸山の幸どちらも豊かな、まさに食材の宝庫。

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」では、沿線でとれた地のおいしいものを中心に、高知ならではの食文化をとりいれるなど、趣向を凝らしたお食事をお楽しみいただけます。

車窓の向こうに伸びやかにひろがるスケールの大きな自然に育まれた土佐の旬の「うまいもの」を存分に味わって。

志国土佐時代の夜明けのものがたりのロゴ

exterior image

Sora fune 車両外観
Kuro fune 車両外観

「今」をしなやかに
走り抜ける ソラフネ
時代を突き動かす
きっかけとなった
クロフネ

幕末、日本が激動の時代を迎えるきっかけとなった黒船。太平洋からやってきた黒船は、その時代の人々の価値観を大きく揺るがす存在となり、また、志士たちが日本から世界へと広い視野を持つ原動力となりました。龍馬たちの眼前に広がる青い空と海の彼方には、確かに新しい時代の夜明けがあったのです。
高知を走る2両編成のものがたり列車は、幕末の歴史を象徴する「クロフネ」と、龍馬たちが水平の向こうに夢見た新しい時代の夜明けを連想させる「ソラフネ」、それぞれ異なる色使いで展開。
星空から日が昇り、明るい青空になる情景を幕末の志士たちが夢見た日本の夜明けになぞらえ、さらに未来的なモチーフも入れ込んだ車両のデザインとしました。

driving section

ダイナミックな自然を感じる
龍馬脱藩の道をなぞる
志国土佐の旅

「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」は高知県の高知~窪川間を走る二両編成の観光列車です。
特に日本が大きく動いた幕末に活躍した志士たちと彼らを支えた女性たちを中心とした「歴史」、そして雄大で美しい「自然」、食材の良さが生きる「食」を土佐流のおもてなしとともに多面的にお楽しみいただける、そんなものがたり列車となります。